体脂肪を減らす上で重要な基礎代謝

基礎代謝の中で最もエネルギーを消費するのが筋肉です。よって筋肉量が多ければ多いほど消費するエネルギーも多くなります。

サイトトップ > 基礎代謝

スポンサードリンク

体脂肪を減らす上で重要な基礎代謝

基礎代謝


体脂肪率を考えるとき「基礎代謝」という言葉をよく耳にします。基礎代謝とはなんでしょうか。


基礎代謝とは、人間が生きて行く上で最低限必要なエネルギーのことです。 このエネルギーは呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓などの臓器を動かしたり、筋肉を動かしたりするなどの人間として必要な動作に使われています。 つまり何もせずに仰向けになって手や足も動かさずに楽にした状態でも消費しているエネルギーのことです。


1日に人間が使う総消費エネルギーのうち約70%が基礎代謝のエネルギーとして使われています。 残りは20%が生活をしている中での活動代謝量、10%が咀嚼や消化、吸収などに使われるエネルギーのDITとなっています。 基礎代謝の中で最もエネルギーを消費するのが筋肉です。よって筋肉量が多ければ多いほど消費するエネルギーも多くなります。 筋肉をトレーニングなどで鍛えて増やしている人は、消費エネルギーも増加して寝ている間でもどんどんエネルギーが消費されます。 基礎代謝がよければその分エネルギー(カロリー)をどんどん消費してくれるので、脂肪も燃焼されて体脂肪率も下がります。


人間の基礎代謝は16歳~18歳のころが一番高くなり、その後年を重ねるごとに次第に低くなってきます。 また性別でみると男性の方が女性よりも基礎代謝が高くなっています。 以上のようなことから、体脂肪率を考える際に、基礎代謝という言葉が引き合いにだされる理由となっています。


体脂肪を減らす上で重要な基礎代謝

MENU



スポンサードリンク